本文へジャンプ

当山の歴史

近年、『寺岡山元三大師(てらおかさんがんざんだいし』として知られる当山の正式名称は寺岡山施薬院薬師寺(てらおかさん せやくいん やくしじ)と号す。

寺伝によると、聖徳太子の命よって建立され、『下野八薬師』と称されていたと伝えられている。

元文年間(江戸時代)東山天皇の第三皇子、崇保院宮前天台座主准三后一品公寛法親王が、上野東叡山寛永寺(輪王寺門跡第六世門主)をされていた時、足利市寺岡町出生の亀田庄左衛門則重公が、永年身命を賭しての忠節を認められ、【 日本に3幅 しか現存しない】元三慈恵大師尊影御真筆を拝領する。

その後、自家に安置して礼拝恭敬していた所、『困窮の人、救済すべし』という元三大師自らのお告げを受け、元三慈恵大師尊影御真筆を寺岡山施薬院薬師寺(後の寺岡山元三大師)に奉納するに至る。

以来、寺岡山薬師寺は寺岡山元三大師として厄除け・商売繁盛の祈願寺として江戸の人々の信仰を受ける。
檀家をとらず、祈願寺のみの寺院として歩んできた経緯には、当時の栄華と信仰の顕れが伺える。

また頃を同じく(江戸期)、祈願寺として人々の信仰を集めていたのが川崎大師、西新井大師である。

当山の境内には、皆様の憩いの場となる様、四季折々の花を咲かせ、特に萩の季節は見事であり、近年に於いては、『下野の萩の寺』として称讃を賜っている。

本堂外観と内陣

本堂正面の大きな提灯には、「元三大師」と書かれ、お大師様尊影を宮様から頂戴した証である、「菊の御紋」が施されています。鰐口が三基付けられているのは、元三大師様の「三」に因んでのことです。

内陣は、密教様式です。ここで毎日、護摩が焚かれおり、中央にご本尊である元三大師様を祀った菊の御紋を施した宮殿をご安置し、左より不動明王様、降魔大師様、右に薬師如来様をご安置しております。

ページの先頭へ