本文へジャンプ

『尊き命』

2008年09月28日

写真-016z.jpg≪楽山NO.28≫

 

この世の中には、私の存在なんてどうせ私は・・・と思っている方はいっぱいいらっしゃると思います。

 

 

でもそうやって思えたり、考えられるのも逆に言えば「命」が有るからです。

 

 

「命」は生んでくれた親からの大切な頂きものであり、

 

半分は自分のものであって、もう半分はご両親のものでもあります。

 

 

命があるということは、あなたが生きなければならない意味があるからではないでしょうか。

 

 

 私なんて・・・と思ってしまうのは、命は自分だけのものと思っているから・・・

 

 

そうではなくて、命は頂いたものと思えばもっともっと大切に出来るはずです。

 

 

尊き命があるのは、あなたが生きる意味があるから・・・。

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ