本文へジャンプ

寺岡山元三大師 「 正・五・九詣り(しょうごくまいり) 」

2017年01月21日

寺岡山元三大師では皆様に「正・五・九詣り」を推奨しております。

 

≪ご本尊:元三大師良源(がんざんだいしりょうげん)≫

 

(秘仏ご本尊御親筆模写絵)

 

誕 生:延喜12年9月3日

初修行:年代不明5月3日

ご逝去:永観3年1月3日

 

寺岡山元三大師では、ご本尊元三大師様の縁日の正月(一月)・五月・九月にあたる、「正・五・九詣り」の秘めたる御利益を、多くの方々に知っていただき、皆様の現世利益に役立て戴ければと考えております。

 

≪「正・五・九詣り」≫とは・・・

正・五・九詣りの正は、正月の事をいい、五は五月の事をいい、九は九月の事をいいます。

つまり参拝者の方は一年を通して、正月・五月・九月に月詣り(祈願)をすると、特に強いご利益を授かることが出来ます。

そして「正・五・九詣り」の特徴は、厄除けは勿論のこと、商売繁盛や心願成就などに絶大なるご利益があると古来より云われております。

もし、会社をお持ちの代表者様やこれから起業を考えていらっしゃる皆様は、ぜひ「正・五・九詣り」をなさってみて下さい。」

 

 

ページの先頭へ